Loading...
2017.06.DEBUT

KASATEBURA(傘手ぶら)

傘手ぶら

【KASATEBURA】
傘手ぶら特許ホルダー

傘の持ち歩き方が変わる!

【KASATEBURA 傘手ぶら特許ホルダー】は、傘とカバンの持ち歩きどきに、
閉じた傘をカバンに取付け、片手がフリーにできる画期的な便利商品です。

傘とカバンの持ち歩きは、両手ふさがりで、
スマートフォンなどの使用時にも困りますが、これでらくらく!

the present situation

傘の持ち歩きは、周囲への迷惑とわずらわしさが…

CASE 01 傘をカバンの上に乗せて

CASE 02 傘を手に

CASE 03 手指が痛い(傘鞄両方持ち)

CASE 04 両手にそれぞれ

上記の様なこと、思い当たりませんか?

閉じたかさの持ち歩きはわずらわしいものです。バッグの上に乗せたり、手で持ち歩いても周囲の迷惑になったり……。スマートフォンや携帯電話を使うときはとくに不便です。そんなの不便さを解消して、かさを直接持たずにすんで、らくに持ち歩けるような商品などはありませんでした。(株式会社ヴェリー調べ)
そこに疑問を持たずに「そういうもの」とあきらめて、潜在的な不便さだけがつのっていました。

from now on

でもこれからは、この傘ホルダーで わずらわしさ解消と周囲の安全に配慮で、らくらく傘手ぶら!

SET

お手持ちのカバンにKASATEBURAをセット

INSERT

ビニールホルダー部分に傘を挿して

ACTION

片手フリーで歩けます。

HOW TO DO KASATEBURA

ふきだし・持ち手に掛けるだけ カバンの片側の持ち手に掛けるだけ

様々な持ち手幅にフィット!

面ファスナーでバーの幅が調整できます。

調整後、面ファスナーはしっかりと、合わせて下さい。

補助ストッパー付き!

補助コイルを使ってホルダーを固定できます。

        

※ホルダー背面の補助コイルをカバンの下部から伸ばして回し、バー背面の金具に止めるとホルダーが安定します。

傘を巻き取るように出し入れ!

傘の巻に合わせて、回しながら挿し込みます。

※前方に傾斜し過ぎないようにバランス良く挿し込みください。

※傘の太さに応じて面ファスナーで調整してください。

※面ファスナー上部はやや緩く、下部は抜け落ちないように強めに締めてください。

 

右利き、左利き、どこにでも!

 

面ファスナーによって傘が簡単に移動でき、左・右・真ん中どこにでもセットできます。

 

※移動後には面ファスナーを強く押し付け、しっかりと固定させてください。

 

※前面に押しすぎると、ビニール部分が裂ける場合があります。

片手フリーで
歩けます

ショルダーカバンにもOK!

折りたたみ傘も
OK!

キャリーケースにもOK!

傘手ぶら
KASATEBURAを購入してみる。

I buy a product KASATEBURA
定価:¥2,950(税抜)

Buy Now
Amazonで購入

Amazonで購入

楽天市場で購入

楽天市場で購入

Yahoo!ショッピングで購入

Yahoo!ショッピングで購入

Handling Store List

KASATEBURA取扱い店舗

Media List

VIDEO

簡単な短い動画をYouTubeにアップしています。

The contents of the package

商品 品名 内容数 サイズ 重さ
①傘ホルダー 1個 約190.0mm × 約260.0mm 約90g
②収納バッグ 1個 約220.0mm × 約295.0mm 約40g
※この商品には「傘」本体は付属していません。
品質表示
原材料名 収納バッグ / ポリ塩化ビニル 日本製 (MADE IN JAPAN)
ホルダー / ポリエチレン
面ファスナー / ナイロン
傘挿入筒部分 / ポリ塩化ビニル
表示者 株式会社若林化成
販売元 株式会社ヴェリー
お問い合わせ先 toiawase@motaz.jp
URL http://kasatebura.motaz.jp
使用上の注意
  • 傘が地面や階段等に接地したり、引っかかる場合があります。
  • ビニール部分と傘が引っ付く場合がありますので、ご注意願います。
  • 挿し込み過ぎや、傘に負担がかかりますと、ビニール部分を含め、破損する場合があります。
  • 移動用ホルダーですので、保管や長時間の入れっぱなしにはしないでください。
  • 使用後は日陰で乾燥させてください。
  • カバンに傷等がつかないようにご注意ください。
  • 濡れた傘で、カバンや衣服が濡れる場合があります。
  • 持ち手の長いカバンを手持ちすると、傘が地面に接地しますので、カバンは肩にかけてご使用ください。
  • 傘ホルダーとしての用途以外には、ご使用にならないでください。